夜はこれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

判断基準

ここ数ヶ月、自分の周りに息つく間もなくやってくるたくさんの判断
その基準の難しさを思う


この世の中、自分が想像する以上にいわゆる素人では判断できようもない、むしろ多少知識を入れようと動いてみるとよけいにその世界の大海に気づき逆に決められない選択肢が増えてしまう

そんななかで選んだ決断がただしいかどうかなんていうのは結局後になった、つまり未来の自分がすでに過去となったそれを思い返した時にのみ判断されるものであるから、悩みすぎてもどうしようもないとも思える


しかしそれでも、悩む 悩みに悩んで悩み抜いてしかし答えが出せない そして今回更に悩ましいのはそれが正しかったのかどうかがわかるであろう時が今これを書いているときから半年以上先の、もう2014年になるときであること

それを無事に、どういう選択をしようとも無事とはいえないことだけは間違いなく言えるけども、迎えてようやく当時の自分のひとつひとつの行動に自分が評価をくだすときができると思っている




そして今でも思うのは、格差を確実に感じ始めている自分がいるということ そんなレイヤーくそくらえだと思ってた、いや今も思ってるはずだけど、この感じてしまったものが乗り越えられるかどうか、ここ3年間で決まるなと思う 自由でありたい、そのためにもう少し、この混沌とした頭の中をあえて混沌としたまま、苦しさをあえて頭に入れたまま、ものを見て、感じていこうと思う  楽しい事は大学卒業までに普通の人の100倍くらい楽しんだ自信があるから、全然問題ないしこうあるべきだと卒業した日に思ったはず 



がんばろう 









スポンサーサイト
  1. 2013/04/29(月) 11:38:54|
  2. 雑文

落ち着いたら読むつもりの本

仕事をしているとその関連本ばかり読んでしまっていまいちこうふくらみがないと感じることがある
休憩時間に外にでていわゆる商業ビルなど眺めていると感じられる外の空気がたくさんある これは自分にとってはとても貴重な時間なのだと気づく 

没頭する時間も重要だけど、自分はそもそも何をしたいのかと考えた時に、外の日常を見つめずに行動することはなかなかに難しい 


なんでもいい 意識をしながら街を歩くこと 漫然としないこと それだけで街にはたくさんのことが浮かび上がって自分の意識をいちいち邪魔してくる それを忘れないよう記録記憶しないといけない 



不思議でみすごしてはいけないことの方が世の中にはたくさんある ありすぎるから見えないようにしているだけだった
  1. 2013/04/22(月) 08:57:26|
  2. 雑文

なにごともなかったかのように

書いてみる もとい 過ごしている 

それは罪なのか 

どの範囲の問題まで、自分の問題とすることができるか
相当な意識、相当なパワーがない限り、この世界に散らばっている数多の事象にはなかなか目が向かない

自分はこの2年間のうちどれだけ震災、原発に目を向けただろう
どれだけ貧困問題に目を向けただろう どれだけアラブの春に関心を持っただろう
どれだけ世界経済のニュースを見ただろう メジャーリーガーの成績は言えてもここ最近の円安への推移と関連するニュース出来事をどれだけ語れるだろう
語れないといけないわけではない?逐一知らないといけないわけではない? 
上記の話題でいくと、自分は世界経済以外に関しては多少は関心がある、いや違うたぶん自分と地続きの感覚でとらえることができる
貧困も無理か  どれだけ自分の身体のなかに上記の問題がはいってきたか それにつきる

毎日を目の前のやることに追われ 目舞を起こす  バランス感覚が何より難しい

  1. 2013/04/21(日) 09:50:24|
  2. 雑文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。