夜はこれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

落ち着いたら読むつもりの本

仕事をしているとその関連本ばかり読んでしまっていまいちこうふくらみがないと感じることがある
休憩時間に外にでていわゆる商業ビルなど眺めていると感じられる外の空気がたくさんある これは自分にとってはとても貴重な時間なのだと気づく 

没頭する時間も重要だけど、自分はそもそも何をしたいのかと考えた時に、外の日常を見つめずに行動することはなかなかに難しい 


なんでもいい 意識をしながら街を歩くこと 漫然としないこと それだけで街にはたくさんのことが浮かび上がって自分の意識をいちいち邪魔してくる それを忘れないよう記録記憶しないといけない 



不思議でみすごしてはいけないことの方が世の中にはたくさんある ありすぎるから見えないようにしているだけだった
  1. 2013/04/22(月) 08:57:26|
  2. 雑文

なにごともなかったかのように

書いてみる もとい 過ごしている 

それは罪なのか 

どの範囲の問題まで、自分の問題とすることができるか
相当な意識、相当なパワーがない限り、この世界に散らばっている数多の事象にはなかなか目が向かない

自分はこの2年間のうちどれだけ震災、原発に目を向けただろう
どれだけ貧困問題に目を向けただろう どれだけアラブの春に関心を持っただろう
どれだけ世界経済のニュースを見ただろう メジャーリーガーの成績は言えてもここ最近の円安への推移と関連するニュース出来事をどれだけ語れるだろう
語れないといけないわけではない?逐一知らないといけないわけではない? 
上記の話題でいくと、自分は世界経済以外に関しては多少は関心がある、いや違うたぶん自分と地続きの感覚でとらえることができる
貧困も無理か  どれだけ自分の身体のなかに上記の問題がはいってきたか それにつきる

毎日を目の前のやることに追われ 目舞を起こす  バランス感覚が何より難しい

  1. 2013/04/21(日) 09:50:24|
  2. 雑文

ルーチンにするということ

いわゆるはじめての作業というものをしていると、あたり前やけど時間がとてもかかってしまう
それははじめてやるから勝手が分からずひとつひとつの(できる人ならば無意識にやれてしまうような)
作業にも確認がふくまれてしまうからだと自分の場合は認識している


それが無意識に意識できるようになると、ああ自分はやっとこの作業が地に足ついてできるようになってきたんだなと感じる


近頃は働いてるとき以外がもう頭が回らなくて周りの本当にいい意味で意識が高い人たちのように勉強が全くできていない

でも、普段の業務をもう一度、すでに無意識にできている部分も含め、自分が何を無意識にして意識を入れて作業できているかを確認すると
意外と、たくさんのことを勉強していることに気づき、そしてまた、勉強できる部分があることに気づく



最近こそぎりぎりの作業が多くてそんな無意識を再び意識に起こす作業はやってられない状態だけど、
自分にとっては実践のための勉強ではなく勉強しながらの実践でやっていくのが一番やれることかも、と思った


英語の勉強もそんな感じ担ってるときだけはえらく頭が冴えて聞けたりする

でも英語だけは・・・毎日時間つくらないとなー


そんなことを考えた昨晩の休息時間だった
  1. 2012/11/08(木) 08:18:41|
  2. 雑文

11月になって

一気に寒くなった


最近は普通、とか最低限、という自分の言動を思う


普通の生活ってなんだろうか
最低限お金に困らない生活って月額何円のことをいっているのだろうか




あー最近はいろいろもやもやしていて、現実としてやらなければならないこと、考えなければならないことがあまりに多すぎて、
ある意味では自分のことを全て置き去りにして、毎日を過ごしている気がする

ひとつ、ようやく、本格的な自分にとっての役割をもった作業があるからだと思う
そういう意味では来年の梅雨と呼ばれる時期までは、ずっともやもやした時期が続くのだろうな

もうすぐしたら吐く息も白くなる その時期を、今年は思いの外待ちわびている

  1. 2012/11/05(月) 20:40:08|
  2. 雑文

ハンバーガー生活

ここ1~2ヶ月くらいでマクドのバーガー50個位食べてると思う

週に3~回は食べてるし、食べるときはたいていハンバーガーとチキンクリスプもしくは100~120円のバーガーから
適度に2個チョイスするので、個数は倍になる そして単純計算で1週間6個〜で考えると
あながちどころか誇張なしに50個は食べてるかも知れない


健康に悪いと言われるけど、全く気にならない 健康というものの定義の違いだと思っていて、俺は健康だと思ってます 

友達も、尊敬する人も、これ以上に安く、不健康だと俺が思ってしまうような生活を送っている人がたくさんいて
自分はまだ全然だと思えるくらい 


自分の甘えと未熟さに押しつぶされそうになるくらいです




人によってはマクドのバーガーやカップ麺というのは安いし仕方がなく、という側面は有るだろうけど
自分にとっては小学生の頃からそれがいつもの飯だったから、むしろ好きと言ってもいいくらい 


実際マクドとか頻度すごいけど全然嫌いにならない 誤解を恐れずに言うならこれらは昔から仕事が忙しくて家に居ない母さんが買ってくれていた、おふくろの味のひとつのようなもので、これらを食べる度に気持ちが落ち着いてくる
あの頃を思い出し、がんばろうという気にさせてくれる 


早く一人前にならないといけないと思える


いいからだに生まれたのだと思う 少ないお金でもお腹を満たせる、それができることに感謝したい
  1. 2012/11/03(土) 12:51:39|
  2. 雑文
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。